モーニングアフターピルの効く確率について

「モーニングアフターピル」とは、避妊に失敗した際に、望まない妊娠を避けるために服用する緊急避妊薬のことです。
性行為は、妊娠を目的としたものだけれはなく、男女のコミュニケーションの一つでもあります。従って、望まない妊娠をしてしまう方もいます。又、性犯罪などによって自分の意志とは関係なく、妊娠する可能性のある経験をする方もいます。これらの方にとって、アフターピルは強い味方になります。
そしてアフターピルは、受精卵の着床を防ぐ働きを持っており、一般的に女性ホルモン剤の中用量ピルを服用します。
モーニングアフターピルは、産婦人科などの専門医のいる医療機関で処方が可能です。日本国内では、現在に主に、2種類のピルが使用されています。2回飲みのプラノバール錠と1回のみのノルレボ錠が使用されます。これらの避妊の確立は、プラノバール錠では95パーセント強、ノルレボ錠では98パーセント以上と言われています。
モーニングアフターピルは、性交後、72時間以内でないと、効く確率が少ないので、避妊に失敗した際は、早急に医療機関に受診することをお勧めします。早ければ早いほど、効く確率があがるとされています。
モーニングアフターピルは保険が適用されず、自由診療なので医療機関によって費用が異なります。又、医療機関によって、処方されるお薬も異なるので、事前に電話などで問い合わせをしておくと安心です。
モーニングアフターピルは、副作用もあるので、医師の説明をしっかり聞いて、副作用が出た場合の対処もしっかりと聞いておきましょう。
避妊に失敗後、早ければ早いほど、効く確率が高いので、心配になった方は、必ず早めに専門機関に受診しましょう。