モーニングアフターピルと避妊リングについて

緊急避妊薬であるモーニングアフターピルは避妊効果がありますが、避妊リングに同じ効果があります。どちらにもメリットがあり、特にモーニングアフターピルを使うことができない時に、リングを使うと効果的な使い方が出来るでしょう。モーニングアフターピルや低用量ピルをうまく使うことができない人が、リングを使うことで効果的な避妊をすることができます。またピルの服用ができない高血圧や肥満、35歳以上でヘビースモーカーの女性に、リングは効果的な方法になります。それには黄体ホルモンであるプロゲステロンだけが配合されていますので、ピルに配合されているエストロゲンがないことにメリットを感じる人も多いです。特に高血圧等でピルが使えない人には、リングを避妊方法として代用することができます。またモーニングアフターピルは72時間以内という制限があり、それを超えたときにリングを挿入することで、高い避妊効果が確認されています。

しかしリングは不正出血が認められることもありますので、その点は留意しておいてください。また医師が内診をして装着しますので、抵抗感がある人もいます。また72時間過ぎた女性にリングは使えると言いましたが、モーニングアフターピルにも新しい医薬品が誕生しましたので、それを用いることで120時間以内であれば避妊効果があります。また一般的なモーニングアフターピルとは違って、副作用が軽減されていますので利便性が高くなっています。どちらにしてもそれぞれのメリットとデメリットがありますので、医師と相談したうえで決めるのが良いでしょう。副作用を良く考慮して、モーニングアフターピルの長短を理解して自分にあった方法で避妊方法を見つけてください。